プロザックの安全性や依存性について

男性のイメージ はじめにもお伝えしたようにプロザックはうつ病やパニック障害などの精神疾患治療に用いられているお薬です。しかし、日本では未承認となっているため病院では処方されることはありません。ですから、プロザックという薬の存在を知らない方は多いことでしょう。

 

プロザックは未承認薬なので病院では処方されていないお薬ですが、現在では個人輸入を利用してネットで購入することができるため、うつ病をはじめとする精神疾患で悩んでいる場合にはプロザックにて治療していただけます。

しかも個人輸入といっても通販でのショッピングとほぼ変わらない手順で注文でき、自宅まで商品を届けてくれますので、初めて利用される方でもスムーズに手に入れることができます。

しかし、今まで他の薬を使ってきた方やこれから治療を始めていこうというようなプロザック初心者にしてみれば、「本当に安心安全に使える薬なのか?」と疑問に感じるでしょう。

 

そこで、ここではプロザックの安全性について詳しくお話ししたいと思います。

 

プロザックの特徴をおさらい

プロザックはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる抗うつ剤の中でも新しいタイプのお薬です。

これまでも多数の抗うつ剤が存在していましたが、プロザックは他の抗うつ剤と比べて、高い効果を発揮しながら副作用が最小限という性質があります。そのため、現在では治療薬jにプロザックが第一選択薬として使用されることも多く、これまで多くの方を救ってきました。

他の抗うつ剤とはどのような違いがあるのか?他のページでも紹介していますので、ここでは簡単にプロザックの特徴をまとめています。

 

プロザックの特徴

優れた有効性

プロザックの有効成分であるフルオキセチンは、脳内のセロトニンだけを増加させる作用があります。そのため、脳内のセロトニン不足が原因の気分の低下、不安、睡眠障害といった症状で悩む場合に高い効果を発揮します。

素早く効く

抗うつ剤というと、多くは効果を実感するまでに時間がかかります。使用する治療薬や症状によっても異なりますが、多くの方は効果を実感できるまでの期間が服用開始から1〜2ヶ月です。

しかし、プロザックの場合には、服用開始から1〜2週間程度で効果がじわじわを現れてきますので、他の抗うつ剤と比べても素早く効果を実感していただけます。

副作用が少なくて飲みやすい

プロザックは他の抗うつ剤よりも副作用が少ない傾向があります。従来の抗うつ剤には口渇感、便秘、倦怠感、ふらつきと言った副作用が現れる頻度が高く、治療のために辛い思いをしなければなりませんでした。しかし、プロザックは新しく開発された抗うつ剤でもあるため、副作用は起こりにくく、初めて服用される方でも安心してお使いいただけます。

 

プロザックは世界で人気の抗うつ剤

男性のイメージ精神疾患の治療といえば、病院で処方してもらった薬を服用するといった薬物療法が主流ですが、現在では病院には行かず、治療薬を通販で購入して自宅で治療される方が増えています。自宅で治療といっても自己判断で症状が改善されているか?健康に問題がないか?は確認できませんので、通院をゼロにすることはお勧めできません。

とはいえ、通院回数が減ればその分時間も交通費も節約できますので、最近では通販の利用者が増えています。

 

そして、通販では日本では流通していない医薬品を購入することができます。

個人輸入と呼ばれる海外から商品を取り寄せる方法を利用すれば、日本では扱われていない医薬品を購入していただけます。

海外製の抗うつ剤を使用するとなれば、やはり人気の商品を試したいですよね?多くの方が使用している抗うつ剤であればそれだけ信頼されている証拠となりますし、初めての方でも安心して使えます。

 

プロザックは1998年に誕生した抗うつ剤です。

発売当初は服用するだけでハッピーになれる、服用したら別人のように元気になったという噂が流れたことでハッピードラッグとも呼ばれ、瞬く間にヒットしました。

 

プロザックはアメリカに本社を構えるイーライリリー・アンド・カンパニー(Eli Lilly and Company)が開発し、現在では世界で2000万人以上の方が愛用しているお薬です。

イーライリリー社は世界の数ある製薬会社の中での売上高が9位の大手製薬会社で、日本にも進出しています。

創業当時から最新の技術を取り入れ、数々の革新的な医薬品を世に誕生させてきました。プロザックをはじめとする抗うつ剤、骨粗鬆症治療薬、パーキンソン病治療薬などが特に有名で、世界中の人々を救ってきました。

 

これまでプロザックという名前の抗うつ剤は聞いたことがない、日本で流通していない「薬には抵抗がある、海外医薬品は不安…と感じていた方も大手製薬会社が販売している医薬品と知れば安心でしょう。実際、プロザックを服用して突如激変するといった効果はありませんので、安心してください。

 

試してみたい方は是非通販サイトをチェックしてみてください。

 

抗うつ剤で人気のプロザックに依存性はある?

抗うつ剤や睡眠薬は「飲み始めるとやめられない」「ずっと服用を続けなければならない」といった依存性が強いイメージを持つ方がいます。

確かに初期の睡眠薬や抗うつ剤は副作用や依存性が強い傾向がありましたが、医療業界は進歩し、ほとんどの医薬品は改良されています。抗うつ剤もその一つで、現在うつ病治療に使用されている医薬品は副作用や依存性が少ないです。

中でもプロザックの有効成分であるフルオキセチンはゆっくりと作用する特徴があるため、体に急激な変化を起こしません。そのため、気がついたら症状が改善されていたというように効果が緩やかに現れます。

脳内へ与える変化が緩やかであればそれだけ依存リスクが少ないので、安全に服用できます。

 

通販でしか買えないプロザックはどうして日本で認可されないのか?

男性のイメージ通販で人気の抗うつ剤といえば「プロザック」です。

通販サイトでは数ある抗うつ剤が扱われています。実際に日本の医療機関で処方されている抗うつ剤もありますし、日本にはないジェネリック医薬品もあります。

 

こうした抗うつ剤の中でも特に通販で人気が高いのはプロザック。しかし、日本では認可されていないので、試すとなれば個人輸入の通販を利用しなければなりません。

実際にプロザックを使用されている方の多くは「早く病院で処方してもらえるようになってほしい」「通販でしか買えないのはおかしい!」というような声が相次いでいます。

では、プロザックはどうして日本では認可されていないのでしょうか?

理由は明確ではありませんが、日本は他国と比べると新薬の発売が遅れています。これはドラッグラグと呼ばれ、日本でも大きな問題となっています。

ドラッグラグがあることによって、治療薬の選択肢が少なくなったり、治療費用が高額になったり…といったダメージを受けます。

 

ただ、現在はどれだけドラッグラグがあるとしても個人輸入の通販サイトが存在する限りは、海外の医薬品を日本に居ながら試せます。

また、日本には他のSSRI(パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロなど)がありますので、病院で処方される薬を使いたいといった場合でも同様の治療を受けられます。

通販で薬を買うか病院で薬を処方してもらうか選択するのは自由ですが、それぞれメリットデメリットがありますので、両者の特徴を知って最適な方法で治療してください。