プロザックが効かない!?考えられる理由と対処法

女性のイメージ 当サイトで紹介しているプロザックは日本では承認されていない抗うつ剤となりますので、試す場合には個人輸入をしなければなりません。個人輸入といっても代行サービスをしている通販サイトを利用すれば、初めてでも簡単にプロザックを入手できます。

通販を利用することによって、通院の回数が減って治療費節約になりますし、ある程度まとめ買いしておくことができますので非常に便利です。

 

うつ病やパニック障害などの治療薬として世界で広く使われているプロザック。

特にプロザックは他の抗うつ剤と比べて有効性が高く、副作用や依存性のリスクが少ない特徴があるため人気です。

しかし、服用しても効果が感じられない…なんて意見もあります。

そこで、ここではプロザックが効かない理由や対処方法について詳しく紹介します。

 

抗うつ剤は根気よく続けることが基本

薬というと「飲めば効く」ものですが、必ずすぐに効果が現れるとは限りません。

医薬品成分によって効果が現れるまでのスピードは違いますし、効果の現れ方も違います。

一般的な抗うつ剤は服用を開始してから効果が現れるまで1〜2ヶ月かかることが多く、服用してからしばらくの間は効果を実感できません。

プロザックは抗うつ剤の中でも効果が現れるまでの期間は1〜2週間と短く、比較的早く有効性を実感していただけますが、やはりプロザックも飲み始めてすぐに効果が出るわけではありません。そのため、飲んでも効果がないと思って中止してしまうケースも。ただ、服用を中止するとせっかくのプロザックの効果が水の泡となってしまうので、中断しないでください。

また、長らく服用していると途中で効果を感じなくなることがありますが、いきなり薬を中断してしまうと反動で症状が強く出てしまう恐れがあります。

 

そのため、プロザックを飲んでいても効果を感じないと思っていても、決して自己判断で中断しないようにしてください。

 

もしかしたらプロザックの服用方法が間違っているかも

女性のイメージプロザックに限らず、どんな薬でも用法用量守って服用しなければなりません。

誤った飲み方をしてしまうと、効果が十分感じられないだけでなく副作用が強く出てしまう恐れがあります。特に抗うつ剤は誤った服用方法で続けると治りにくいですし、健康状態に悪影響を与えますので注意してください。

 

プロザックの正しい服用方法についてはほかページでも紹介しましたが、ここでもおさらいしておきましょう。

プロザックの基本的な服用方法は「1日1回、午前中にコップ1杯の水と一緒に服用」です。

 

服用量に関しては症状によって異なります。

うつ病治療・強迫性障害治療で服用する場合には、20mgから服用開始し、その後は様子を見ながら必要に応じて20mg単位で増薬してください。

1日の最大服用量は80mgまでとなっています。ただし、強迫性障害の場合には60mgまでに抑えることが理想です。

パニック障害の治療で服用する場合には、10mgから服用を開始し、その後は様子を見ながら20mg単位で増薬してください。1日の最大服用量は60mgまでです。

 

基本的な服用方法は上記の通りですが、プロザックには併用禁忌薬や服用時の注意事項などもありますので、通販でプロザックを購入する際はしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

プロザックの飲み忘れが続いてしまう

プロザックなどの抗うつ剤はすぐに効果が現れることはありません。特にプロザックはじわじわと効き目が出てくるタイプの抗うつ剤なので、「気づいたら症状が改善されていた」と感じる方が多いです。

 

ただ、プロザックの効果を安定させるためには、毎日規則正しく服用することが大切です。

SSRI系の抗うつ剤は、飲み忘れた場合に副作用が出やすくなったり治療効果が出にくくなったりします。そのため、毎日決まった時間に服用する習慣を身につけましょう。

多少であれば時間のズレがあっても効果に変化は出ませんので、思い出したタイミングですぐに服用するようにしましょう。

 

もしも飲み忘れが心配な場合には、毎日同じ時刻にアラームをセットする、目に付く場所に薬を保管しておく、家族や同居人に服用したか確認してもらうようにしましょう。

 

そもそもプロザックが症状や体質に合っていない

抗うつ剤にはたくさんの種類があり、有効成分の違いによって効果や効果の現れ方が変わってきます。

そのため、効果が出ない場合にはプロザックが合っていない可能性が考えられます。

また、体に合っていないと副作用も出やすくなるので、服用を開始してからは副作用にも注目しましょう。

特に抗うつ剤は効果よりも副作用の方が早く現れる特徴があります。そのため、服用してから3〜4日して体調に異変が出た場合には、我慢せずに薬の種類を変えるようにしましょう。

 

通販で買ったプロザックが偽物だった可能性

海外の医薬品を個人輸入できる通販サイトは増えていますが、中には悪質な業者が存在します。悪質な通販サイトを利用してしまった場合には金銭的な被害はもちろんですが、届いた医薬品が偽物だったら健康的な被害が出る恐れがあります。

偽物は正規品に含まれる有効成分が少なかったり、全く含有されていなかったりしますので、同じような効果は得られません。

特にプロザックのような日本で流通していない医薬品は本物か偽物か見比べることができず、そのまま服用してしまうケースがあります。

しかも、プロザックはしばらく服用を続けなければ効果を実感できませんので、届いたのが偽物だった場合には体に悪影響を与えるリスクが高くなります。

 

素人が本物か偽物を見極めるのは困難なので、通販でプロザックを購入する際には、100%正規品を扱う安全な通販サイトを選ぶようにしましょう。

安全な通販サイトは多数存在しますが、これらの通販サイトには共通点があります。例えば、運営年数が長い、正規品取扱の表記がある、会社概要のページがある、料金が明確、口コミ投稿数が多いといったことが挙げられます。これらの内容はすぐに確認できますので、利用時にはぜひ参考にしてください。

 

プロザックの服用と一緒に治療に向けて生活を見直そう

女性のイメージプロザックは様々な精神疾患に有効な抗うつ剤ですが、少しでも早く症状を回復させるためにプロザックを服用するとともに日常生活を見直してみましょう。

ここでは、精神疾患の中でも患者数の多いうつ病の場合の最適な過ごし方について紹介します。

十分な休息

うつ病はストレスが大敵です。そのため、ストレスを溜めないようにゆとりのある生活を送るようにしましょう。ストレスの要因となる仕事や家事のことは考えずに、のんびりと好きなことをしながら過ごしましょう。

とはいえ、休む場合には環境に注意しなければなりません。例えば、自宅で休養するといっても家族と暮らしていて完全に休まらない…といった場合には、入院して一人でゆっくり過ごすのも良いでしょう。

日光を浴びる

うつ病を発症すると1日の生活リズムが乱れて夜眠れなくなり、昼間に眠気が襲ってきます。生活リズムが乱れると症状が悪化しやすく、精神状態だけでなく健康にも悪影響を与えます。

太陽の光を浴びることは体内時計を正確にし、規則正しい生活へと導く効果がありますので、毎日決まった時間に起床して光を浴びて過ごしましょう。

適度に運動する

運動は健康に良いだけでなくうつ病治療にも有効です。1日中家で過ごしていると気持ちが滅入ってネガティブな思想になりますが、運動すると体を動かすことに集中しますのでリフレッシュできます。

ランニングや筋トレなどのハードなものではなくても、散歩から始めてみるだけでも効果を実感できるでしょう。