通販で買えるプロザックと他の抗うつ薬を比べてみる

10月 29, 2019

\90秒で注文完了/プロザックの購入はこちら
通販を利用する男性 近年は日本国内でも患者が増え、うつ病はもう珍しい病気ではなくなりつつあります。

自分の家族や友人、あるいは自分自身がこの先の未来で、うつ病になるという事態もあるかもしれません。

うつ病の治療方法は、人によってそれぞれ適切な選択肢があると思いますが、高確率で作用を見せるのはやはり抗うつ薬を使った薬物療法でしょう。

精神病の薬というと、何かとマイナスなイメージを持つ人は少なくありませんが、現在の抗うつ薬は体への負担を最小限に抑え、副作用が起こりにくい状態でうつ病の原因に働きかけてくれます。

その大きな例の1つに、SSRIという抗うつ薬の種類があります。

SSRIの魅了とは?通販で買えるSSRI抗うつ薬プロザックと、ほかのSSRI抗うつ薬の違い

薬のイメージSSRIは『選択的セロトニン再取り込み阻害薬』のことで、体内のセロトニンの濃度が下がらないよう、セロトニントランスポーターの活動を抑える抗うつ薬は基本的にSSRIと呼ばれます。

SSRIが抗うつ薬として人気なのは、理由があります。

SSRIはセロトニントランスポーターのみに作用するので、体内の他の箇所に負担をかけません。そのため、副作用などのリスクを最小限にして効果を発揮してくれるのです。

また、体への負担が少なくてもSSRIの抗うつ薬は強い効果を持っています。

その効果はうつ病の改善だけにとどまりません。

パニック障害、PTSD(外傷後ストレス障害)、応用が利けば摂食障害や強迫性障害まで、さまざまな精神病の治療に活用されています。

SSRIが精神病の治療の約半分を支えているといってもいいでしょう。

そんな人気のSSRIの中でも、世界で初めて誕生したSSRIは『プロザック』という抗うつ薬でした。

プロザックは、欧米を中心にさまざまな国で処方され、現在でも医療現場で活用されているヒット商品の1つです。

ちなみに、プロザックは日本の病院では未承認なので、使用する場合は海外から取り寄せる通販を使わなければいけません。しかしプロザックの通販は簡単に使いこなせるシンプルなものなので、あまり困ることはありません。

プロザックによって始まったSSRIという抗うつ薬。現在ではプロザックに限らず、いくつものSSRIが病院や通販で取り扱われています。

プロザック以外にSSRIの中でも現在特に知名度が高いのは、ルボックス、ゾロフト、ジェイゾロフト、パキシリです。

プロザック

世界で最初に開発されたSSRI抗うつ薬です。

有効成分にはフルオキセチンが配合されています。同じ成分を使って作られたジェネリック医薬品に『フルニル』が挙げられます。

しかし、プロザックもジェネリックのフルニルも日本では販売されていないので、購入では通販を活用しましょう。

プロザックの使い方は1日1回、20~80mgの量を服用します。

ルボックス

ルボックスは、日本国内で最初のSSRIです。

有効成分にはフルボキサミンマレイン酸塩が配合されています。同じ成分を使って作られたジェネリック医薬品に『ファベリン』が挙げられます。

ルボックスの特徴として、ほかのSSRIよりもわずかに眠気が少ないという点があります。

ルボックスの使い方は1日2回に分けて、50~150mgの量を服用します。

ゾロフト・ジェイゾロフト

ゾロフトはアメリカで、ジェイゾロフトは日本で販売される時の薬品名です。

有効成分は、どちらも同じ塩酸セルトラリンと配合しています。

ジェイゾロフトは日本国内で3番目のSSRIです。

安全なSSRIの中でも副作用が特に少ないとされています。それに合わせて作用も少し控えめに感じる可能性がありますが、他の抗うつ薬を使ってたことがなければほとんどわからない程度でしょう。

ジェイゾロフトは国内の病院で販売されていますが、通販サイトでも購入できます。自分のペースに合わせて、使いやすい方を利用してください。

ゾロフト、またジェイゾロフトの使い方は1日1回、25~100mgの量の服用します。

パキシリ

パキシリは、日本国内で2番目のSSRIです。

有効成分にはパロキセチン塩酸塩を配合して作られています。

SSRIの中でも作用が強く効果的ですが、その分だけ眠気が少し強く現れる可能性があります。

パキシリの使い方は1日1回、夕食後に10~40mgの量を服用します。

まとめ

プロザックのパッケージうつ病を始めとする多くの精神病の治療に、SSRI抗うつ薬が活躍しています。

世界で最初に誕生したSSRIはプロザックです。

プロザックによって開拓されたSSRIは現在でも医療現場に活かされ、ルボックス、ゾロフト、ジェイゾロフト、パキシリなどの抗うつ薬となって処方されています。

うつ病は特殊な病気ではなく、生きている限り誰でも発病する可能性がある病気です。

自分の心と体の変化に気を配りながら、改善を目指しましょう。根気よく治療を続ければ、たいていのうつ病は良い方向に向かっていくはずです。

プロザックの購入はこちら